×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


人類は衰退しました

笑い系



「それ、食べていいんですよ。
わたし、いらないから」

「しろくて、かくばってますが……?」

「サンドイッチというものです。食べ物です。
おいしいですよ」

妖精は首を振りました。

「これは、しろすぎます」

「意味不明なんですけど」

「うけいれがたい、かくばりぐあい」

「……ちょっと食べてみればいいでしょ。
へんなものじゃないですよ」

「いりません」

妖精はサンドイッチを押し返します。

「かえさるのものはかえさるに。
ひとのものはひとにおかえしです」

「……変な格言知ってるんだから」

「これたべても、はっぴーにはなれぬです」

「ハッピーにね……あ、そうだ。
これならどうですか?」

包装された角砂糖ひとつを、妖精の前に出します。
朝食に出るコーヒーについていたものでした。

「おお……」

ぺりぺりと包装をむくと、真っ白い角砂糖が出てきます。
妖精は目を輝かせました。

「こういう、しろくてかくばったものを、まってました」

「さっき同じ理由で拒否ってたのに……」

「これ……これ……かじれます?
かじれますが?」

「かじってよし」

妖精は砂糖にかぶりつきます。
あっという間に食べ尽くすと、ピョンと飛び上がり、こう叫びました。

「しあわせの、しろいこな!」

「誤解を招く表現だなぁ……」

 

【私】
【妖精さん】


妖精の畳み掛けるような会話が好きですv




「むう、点呼」

五人の妖精さんが横一列に並びます。

「いちばん」
「にばん」
「さーど」
「れふと」
「らいと」

五人の息はピッタリ!(嘘です)


【私】
【妖精さん】


妖精の畳み掛けるような会話が好きですv






うひはー☆
↑トップページへ戻る↑