×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


青空の見える丘

真面目系 / 笑い系

 

 

 

真面目系





本当はやっぱり悔しいんだけどね。
でも、ほら。強がる女もいい女じゃない?



【速水伊織】




子供が生まれたら犬を飼いなさい。

子供が赤ん坊の時、
子供の良き守り手となるでしょう。

子供が幼年の時、
子供の良き遊び相手となるでしょう。

子供が少年の時、
子供の良き理解者となるでしょう。

そして子供が大きくなった時、

自らの死をもって、死の悲しさ、
命の尊さを教えるでしょう


【藤宮翠】
割と有名な海外の言葉




甘えてちゃ、いけないのよね?

いや、甘えていても全然構わない

前を見なきゃいけないのよね?

いいや、今だけ見ていても生きていけるだろうな

格好悪い、わよね、今の私

はっ、今から格好良くなるんだろ?

ぎゅ。

伊織の拳が確り握られると、
その目に挑むような強さが宿る。

全部否定してくれちゃって、
ほんと、むかつくわよね、秀樹って!

その怒りをぶつける方向は今は俺じゃないだろ

ちゃちゃっと行ってくる!

おう!


【今井秀樹】
【速水伊織】




伊織ー!!

それから1時間くらいしてからだった。

あのバカの声が聞こえたのは。

俺が、必ず守ってやる!!

毎晩、毎晩だ!! 卒業するまで、いや、しても、
必ず守ってやるから!!

だから、だから今、震えているなら安心しろ!
もし寝てるなら、そのまま安心して眠れー!

夜中に。

住宅街に。

そんな声が響いた。

いいかー! 俺がいる、ずっといるからな!!
お前は、お前らしくしていればいいんだ!
何も心配するなよ!!

秀樹の大声に混ざって、ざわ、ざわ、と
近所のざわめきが聞こえて。

……私は、泣いていた。

泣いて、声が全然出せなかった。

ドタドタ、とお父さんが外に出て、
秀樹と何か話している声が聞こえる。

お父さんの声は、叱っていた。

違う、違うよお父さん、秀樹は私のために……!

飛び出したいのに、震えていた私の体は
全然言うことを聞いてくれない。

もどかしくて仕方ない中で、お母さんは私の所に来て、
そして布団ごと抱き締めてくれた。

そして、ごめんなさい、と。

私たち親より、彼の方がとても伊織を大事にして
くれているのかもしれないね、と。

そんな言葉がなんだか胸に本当に熱く響いて。

お母さんに抱きついたところで、
お父さんの声も聞こえた。

秀樹に、ありがとう、て。

お父さんはそう伝えていた。

なんだか全部、すっごく安心して。

ごめんなさい、もありがとう、
も私がしなきゃなのに。

でも、でも。

みんなの優しさと温かさが嬉しくて。

…………。

翌朝、ちゃんと制服を着て。

秀樹を迎えに行った。

【今井秀樹】
【速水伊織】
イジメから発展して強姦されそうになったところを直前で秀樹に助けられた後、
家に帰って改めて「もし秀樹が来てくれてなかったら」と考えてしまい
恐怖で眠れなかった伊織に、家の外から聞こえてきた言葉。




うむ、そこで校長先生に、この停学っていう
経歴があるが、これはどうしてだね、とか
尋ねられたんだ

そりゃ、尋ねられるわよね

そこで俺は得意げに語ったね。
『大事な奴を汚されるところだったのを防いだ、
名誉の停学です』と

うっわ

伊織の目に「こいつアホだ」みたいな、
そんな表情が露骨に浮いていた

『だけど、暴力で解決したのは反省しています。
でも、暴力以外だと大人を頼るしかない。
だけど、あの学校には頼れる先生はいなかった

ですから、なるべくその後も、彼ら、彼女らが
また悪い気を起こさないようにするにはどうすれば、
彼らを悪い道に運ばないためにはこうするしか、と

思えば別の道もあったのでしょう。
ですが、あの時はまだ殴る拳の痛みを知らなかった、
子供でした。僕は、この学院では……

そんな、間違った事をしないで済む、
穏やかで楽しい学院ライフを築きたいと思い、
女の子たちを守るためにここを志望しました!』

と、元気良く語ったんだ。一緒にいた男子たち、
あと、廊下で待機していた男子たちからも、
正にスタンディングオベーションだったぞ


【今井秀樹】
【速水伊織】

入学試験の集団面接で、停学のことについて聞かれた時の秀樹の回答。
初プレイ時、秀樹かっけええええ!!! と思った。




強がりだって口にすれば力になる。

後は実行力がついてくるように頑張るのみだ。



【今井秀樹】


 

 


笑い系




いい子ぶってんじゃねぇよ秀樹、
やっちまえよ、な、やっちまえ!

いけません秀樹、
清く正しいお付き合いをすべきです!

脳内で悪魔と天使が言い争いを始めた。

お前もあの体っぷりとかに
もうたまらなくなっている頃だろう?
おらおら、ここは犯るべきだろ!

なんて破廉恥な!
こういう事は順序を追って……

俺の悪魔は過激だが、
天使はちょっと真面目過ぎるな。

おら、もうとっとと陵辱ゲーのように
パコパコアンアンやっちまえよ!

純愛ゲーのように
パコパコアンアンしなきゃいけません!

やる事は一緒じゃねーか!

汁の表現とかSEとかが違うのです!
あと設定とか

なにげに詳しいですね天使さん。


【今井秀樹】

【天使 秀樹】
【悪魔 秀樹】




俺にとっては名軍師みたいなものだよ、翠は

そう言って貰えると光栄だね。
扇子からビームは撃てないけれど

………………流した方がいいよな?

さて、僕は今、何か際どい事を言ったかな?


【今井秀樹】
【藤宮翠】
はわわ




俺の中で天使と悪魔が戦いを始めた。

秀樹、いけません、もう遅いけれど
すぐに離れないといけません! もう遅いけれど!

もう遅いぜ、いっそ楽しんじまおうぜ秀樹ぃ

そうですね、もう遅いですし。
確実に天罰は下りますしね

いい事の後には地獄が待っているものだぜ……

貴方たち仲良しですね案外!?
というかもう俺の天罰は決定ですか、そうですか。

っていうか手で触る前に出ろよ天使!?



【今井秀樹】

【天使 秀樹】
【悪魔 秀樹】




じゃあ手を、んっ、と上げて、おっ

おっ!

元気良く下げて、ぱいっ!

ぱいっ!

はい、それを繰り返して

おっ、ぱいっ! おっ、ぱいっ!

違う違う、それだと手が、
ぱいっおっ、になってるから

このやり取りなんか別の何かで聞いた事あるんですが

気にしない気にしない。解る人だけ解れば
いい事なんて世の中いっぱいおっぱいだよ!

ははのんきー!

そのギリギリさが流石は秀兄ぃ!

はっはっはっ、いつも冷や冷やさ!

【今井秀樹】
【西村小夏】

エーリン! エーリン! & 龍玉




うむ、残念だ。と、いうか先輩の胸って
やっぱり大きいんだな。

大きさはセンチではない、とも言う。
つまりカップとやらなのだろう。

確かアンダーとトップの差がどうのこうの。

胸のトップ、というだけで
ドキドキする俺はとても健全な少年だと思う。


【今井秀樹】




気にナッシングですよ! 
ペタ乳チームとして今後も仲良くしましょう!

ペタとか言わないでよ!?

大丈夫! ものすごい単位ですよ!

メガ、ギガ、テラの次だっけ

千兆ですよ、千兆! デカなんか十ですからね、デカ乳よりは
ペタ乳のが強いに決まってますって!

そ、そう言われるとすごい気がしてきたわ

ま、小さいのは変わらないんですけどね


【西村小夏】
【速水伊織】
【西村春菜】


ペタ乳すげーw




待ってくれ伊織。むしろいおりん

いおりん呼ぶな

う、じゃあ幼なじみB?

……春菜がA?

何を言ってるんだい君は。
春菜はCくらいあるに決まってるじゃないか




【今井秀樹】

【速水伊織】




お、今日はきちんと準備も出来てるのね、偉い偉い

母親みたいな事を言う彼女は俺が田舎から都会に出て来た
時くらいからの幼なじみだ。

名前は『速水 伊織』(はやみ いおり)

凶悪に近い性格はしているものの、いじると可愛いところ
もあるという典型的なツンツンヒロインである。

後は伊織とのお早うのチュウくらいだな

一回死ねば、ばーか

そんな言葉を楽しそうに言うもんだから、いつかやってや
ろうと画策している、そんな仲だ。


【今井秀樹】
【速水伊織】
体験版のみの文章。



うひはー☆
↑トップページへ戻る↑